今年一年ありがとうございました!(2011)

2011年(2011)

激動の2011年も本日で終わります。

今年は日本にとって大変な一年でした。

3.11の東日本大震災により、地震、津波、そして原発事故が起こりました。

津波による死者、行方不明者は2万人にものぼり、そのご遺族のお気持ちを察すると言葉がありません。

私は今年の10月に宮城県の被災地を取材しました。

石巻港付近、雄勝町、閖上地区、気仙沼港鹿折地区、などを車で廻りました。

そこで待ち受けていた光景は想像以上のものでした。

破壊され尽くした町。町。町。

目の前にある現実が本当のことで無いような錯覚に陥り、現実を現実として捉えられない自分がいました。

小高い丘には墓標が建てられ、線香の煙の中、代わる代わる手を合わせに来るご遺族の姿を見ると、本当に辛く悲しくなりました。

加えて福島第一の原発事故。

この原発事故によって東日本の大部分が放射能で汚染され、今尚収束したとは思えません。

この事故によって日本の美しい海、山、大地が汚され、その放射能の影響は永く、今後人体にどういった被害が出てくるのは非常に心配です。

家族を奪われ、仕事を奪われ、土地まで奪われてしまった被災地の方々は一縷の希望も見い出せない状況でないかと思われます。

本当に筆舌に尽くし難い、苦しみの2011年でした。

画像の絵は、2010年にKAMISHIMA CHINAMI 青山ショウルームで展示をさせて戴いた作品で「エルピザ」というタイトルの作品です。

「エルピザ」とはギリシア語で「希望」という意味らしいです。

新約聖書の「コリント人への第一の手紙」の中の一節にこうあります。

「信仰、希望、愛。このうち最も優れているのは、愛。」

この一節が好きで、信仰、希望、愛、の三点を描いたのですが、他のものは破棄してしまい、残ったのは「希望」のこの作品だけです。

今年のような艱難の後、我々はどうのような姿勢で生きていけば良いかをこの一節は端的に表していると思っています。

信じること、希望をもつこと、そして愛すること。

政治、経済、ひいては社会全般、目を覆いたくなるような有り様ですが、来年は希望を持って生きて行きたい。

皆様にとって2012年が良い年になること祈っております。

テーマ : アート・デザイン
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

MITSUI YASUSHI

Author:MITSUI YASUSHI
画家・イラストレーターの三井ヤスシと申します。このOFFICIAL BLOGでは、展覧会などで発表したオリジナル作品や、書籍や雑誌などに掲載されたイラストレーションのほか、展覧会の予定などのお知らせを随時掲載して参ります。

イラストレーションのお仕事のご依頼などございましたら下記のメールアドレスまでご連絡下さい。

mitsuigraphixx☆gmail.com
(☆を@に差し替えて下さい)

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム